yogima.net

旅にでようぜ日記

2010.01.31 Sunday

0
    東京で勤めていた頃の先輩が、世界一周旅行の最中。

    この旅を記したブログがとても素敵です。
    景色や町並みを一観光客として無邪気にはしゃぐさまから、世界のあり方について考えるさままで。
    夫妻揃って素直で飾らない人柄のおかげか、その感情がストレートに響くんですよね。
    写真もキレイ。

    しばらく忙しくて中座していましたが、やっと落ち着いてきたので、続きを読み始めたとこです。
    で、やっぱり面白いんですよ。
    素敵な読みものを探してる方、ぜひどうぞ。

    この日記の問題点は、読むと旅に出たくなることです。
    ああ旅したい。


    旅にでようぜ日記:
    http://www.tabinideyoze.com/

    ママ友一同

    2010.01.21 Thursday

    0
      昨日の夜、ギャラリーに行くと、見慣れぬ祝花が。
      札を見ると、覚えのない名前が4名連名され、最後に“ママ友一同”と。

      ママ友??? そんな友だち記憶にない。
      自分に来たお花じゃないな。
      と刷り上がりたてのポスターを納品。


      作業が落ち着いて、もう一度札を見る。


      …………!!!


      あ! これ、母親の友だちって事か!
      近所でよく遊んだ子のお母さんや、同級生のお母さんの名前だ。
      わざわざ来てくれたんだ。

      しかし、展示会を見られたのはちょっと照れくさい。
      僕の子供の頃をよく知ってる人たちだし。
      やってる事が子供の頃から変わらないなとか思われてたりして。笑

      なんだかすごく心があたたまりました。
      ありがとうございます>ママ友

      県芸OB飲み会にて

      2010.01.11 Monday

      0
        昨日は県芸飲み会。
        一つ下の学年がメインの同窓会なんだけど、我々のような他の学年も呼んでもらい、さらに先生まで。
        この雰囲気。まるで学生時代の飲み会そのまま。
        懐かしいような、ついこないだの事だったような。

        そして話の流れで、二次会は“土”で。

        ってことは、僕の個展見物ってことです。
        大勢の方に見てもらえるのは嬉しいけど、全員県芸関係者って……かなりのプレッシャー。
        学生時代の講評会みたいでちと怖い。

        でも好評でした。ほっ。

        特に嬉しかったのは、センセにお褒めの言葉をいただいたこと。
        学生時代、センセ(当時は助手)には「与儀はもっと根をつめろ、粘れ」と言われたものです。
        いつも締切時間には間に合わせてたけど、クオリティで今一歩だったからな。

        雨とヤリと風水ポスターは、そんな言葉を思い出しながらギリギリまで粘って制作してたので、学生時代の気持ちも成仏されたかなと。



        そして恩師である教授が今期で退官とのこと。
        卒業してからご無沙汰してるけど、もうそんな歳月なのか。
        15日の退官作品展オープニングパーティーには顔を出すつもりです。
        楽しみながら頑張ってますよと、ご報告したいな。


        ―――――――――――――

        「天の煌めき、地の響き」
        ギャラリー&バー「土」
        那覇市牧志1-3-17 Tel: 070-5481-1213
        [平日]20:00 - 27:00
        [土日祝日]13:00 - 27:00
        ※13〜17時の間は、ギャラリーのみです。バーは17時からの開店になります。

        あけましておめでとうございます

        2010.01.01 Friday

        0
          年末年始も関係なく、個展に向けてひたすら作品制作しとります……。
          あ、でも初詣はキチンとやりますよ。区切りは大事ですからね。

          今年は年男。いい一年になりますように(-人-)

          もしかして:

          2009.12.18 Friday

          0
            友だちから自宅住所教えてもらったんで、Google Mapで検索。
            そしたらGoogle Mapが、場所を示さず変なこと言い出した。

            “もしかして:アメリカ合衆国付近の沖縄県豊見城市字宣保”



            ニュースを見てない数時間の間に、沖縄はアメリカになったのだろうか。
            (?_?)

            しかし考えると、宣保って地名変だ……もしかして宜保?
            と思って再検索したら、ちゃんと友だち宅が確認できた。

            自分ちの住所の漢字間違えるなよな〜>友だち

            それにしても変なバグ。
            試しにもう一度同じように検索してみる。
            でも同じ状態にはならない。

            なんだったんだ、一体。

            首里

            2009.11.27 Friday

            0
              とあるネットショップのお仕事で、工房取材の撮影カメラマンしてきました。
              多芸なんで、イラストからデザインからカメラまでお手のものです(?)。
              で、首里をうろちょろしたのですが、改めて首里はいいなぁと。

              空気というか雰囲気というか趣きというか、なんかいいもんが漂ってるのですよ。
              仕事放り投げて散歩したくなりましたよ。
              いや、仕事したくなかっただけかもしれないけど。w

              首里にある陶芸工房さんで、「首里・儀保駅スージグヮーの会」発行の、フットパスの地図をゲット。
              (フットパスとは、イギリス発祥の、歴史・文化・観光・自然とのふれあいや、健康を意識した楽しみながら歩くウォーキングです。だって)



              地図を眺めると、ますます首里っていいなぁと。
              散歩しながら、改めて首里を勉強したいなと。

              しかし取材仕事は疲れる……普段飲まない栄養ドリンクに頼ってしまう……こんな体力じゃ散歩でへたばりかねないですな……。

              Oh Good Grief!

              2009.11.18 Wednesday

              0


                大人になってジャズを聴くようになって、偶然この音楽と再会できた。
                たぶん、人生最初に耳に焼き付いたジャズ音楽じゃないかな。
                幼少の頃はスヌーピーが好きで、ぬいぐるみを大事にしてて。
                親に上映会に連れていってもらったっけ。

                幼少の頃にこういう音楽を耳にしてたことは幸せだと思う。
                もしかしてそのおかげで、いまジャズを愛聴するようになったのかも。
                スヌーピー、ありがとう!w


                で、音楽。
                爽やかで可愛らしいジャズ。
                心地よくていつまでも聴いていられそう。
                ちょっとハープシコードが前に出過ぎるときもあるけど、それもまた時代感があっていいかな。
                1曲目の“Linus and Lucy”はよく覚えてる、懐かしい曲。
                好きなのは“It's Your Dog Charlie Brown”かな。

                懐かしのノート交換落書き

                2009.11.15 Sunday

                0
                  ちょっと前の話。
                  琉球新報さんに掲載された日に、新聞を見てくれた旧友から連絡があった。
                  高校受験浪人時代の塾で知り合い、その後高校まで一緒だった友人。

                  いつの間にか立派な2児のパパになってたんだけど。
                  とうぜん盛り上がるのは昔話。
                  そこで花の咲いた話の一つが、懐かしのノート交換落書き。

                  俺のだったか、友人のノートだったかに、「このノートは俺のだ」という主張を書き記しながら交換するという。
                  最初はいたずらで「このノートは余のものである」「いえいえ、私のモノですよ」程度のものが、だんだんエスカレートして、お互いに趣向をこらしたストーリーを繰り広げ……最終的にはかなりの文章量に。

                  勉強もそこそこに、くだらない事ばかりやってたな。
                  2センチ幅の紙で鶴を織る!とか。
                  高校受験で浪人、なんて悲壮感のカケラもない。

                  どこにあるのか、ないのかも分からないけど、あのノート、ちょっと読んでみたい気もする。
                  アホすぎてこっぱずかしくなるだろうけど。

                  そうだ県民大会、行こう。―JR東海

                  2009.11.08 Sunday

                  0
                    なんだか色んな事が暗い時代だけれど、でも個人的にはとても楽観視してて。
                    人生でも株でも政治でも経済でも、何でも同じだと思うけど、「夜明け前が一番暗い」って言うし。

                    あとこんなの信じてたり。
                    地運が2004年から変わった!
                    (2004年ってのは個人的にも大きな節目だった)

                    あとこんな楽しい記事とか。
                    沖縄から覚醒する日本

                    ちょっと前まで、再び日本がいい時代を迎えるのは自分が死んだ後かもな〜って思ってたんだけど(割を食う世代なんだろうなと)。
                    上記のソースを好意的に解釈するなら、割と早いうちに明るい日本が見れるかも。そうであって欲しい。(-人-)タノム

                    とはいえ、待ってるだけじゃ来るはずの明るい未来も来なくなるので、アクションは起こさないと。
                    ということで、まずは今日の県民大会に参加します。



                    「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」
                    日時:11月8日(日)午後2時開会
                    場所:宜野湾市海浜公園野外劇場

                    泡瀬干潟に思う

                    2009.10.29 Thursday

                    0
                      どこの土地にも色々な問題があるでしょうが。

                      憧れの観光地沖縄も、住めばドロドロした問題が山積みで。
                      基地だ開発だと、政治と利権にまみれて、なんなんだか。
                      食事しながらニュース見てると、美味しい食事もノドを通らなくなる。

                      すでに開発されたトコで、人間同士があーだこーだ言ってるのは、個人的にどうでもいい。
                      人間同士で勝手にやってろと。

                      でも特に昨今揺れ動いてる、辺野古の大浦湾と泡瀬干潟のことは胸が痛む。
                      多種多様な“先住民”が、生きている場所だからね。


                      ささやかな意思表示ですが、署名しました。


                      豊かな自然を守ることこそ、真に子々孫々の繁栄に繋がると思うんだけど。
                      泡瀬干潟を守る連絡会
                      web署名